ムダ毛が剃ってもすぐ生える

ムダ毛は今も昔もみんなが悩んでいる

毎日剃っても剃っても生えてくるムダ毛。除毛クリームなどを使っても気づけばまた生えてきます。ムダ毛の悩みは今も昔も無くならない女性にとっての永遠のテーマです。お手入れしても勝手に生えてきちゃうんだからしかたないですよね。うん、しょうがないしょうがない。

・・・って開き直れるのなら苦労はしませんね。こんなに大変な思いで処理しているのに世の男性陣は女性はスベスベなのが当たり前なんて思っているんですから困ったものです。

なんとかしてムダ毛が生えなくなる方法はないものでしょうか?

そもそも毛は剃ってもどうしてまた生えるの?

生えなくなる方法を見つけるにはまず毛が生える仕組みを考えなければ始まりません。

毛は毛穴の中にある毛根が作り出しています。毛根が活動している限りいくら剃っても新しい毛を作り出し続けます。いくらカミソリで剃っても除毛クリームなどで取り除いても、熱で焼き切る脱毛器を用いてもまたニョキニョキと生えてきます。なぜならそれらは毛根ではなく毛そのものを一時的に除去しているだけで肝心の毛根は元気なままだからです。

新たに毛が生えてこないようにするにはこの毛根そのものの働きを抑える必要があります。

永久脱毛ってどうやってるの?

「永久脱毛」という言葉は聞いたことがあると思います。永久脱毛はクリニック(病院)で施される脱毛方法です。最も有名な方法は医療レーザーで毛根を破壊する方法です。毛根が破壊されることで新しい毛が生えなくなります。

それなら家庭用レーザー脱毛器を使えば脱毛できるのでは?

実際に家庭用レーザー脱毛器は市販されています。家庭用レーザー脱毛器「トリア」という製品です。(※記事最下部参照)

このレーザーによる永久脱毛ですが、多くの方が脱毛エステやサロンでもできると勘違いされているようですが、実は医師免許を持たない者が永久脱毛に十分な出力を持つレーザーを使うことは医師法で禁じられています。そのためエステやサロンではレーザーによる永久脱毛は行えません。

もし、エステやサロンでレーザー脱毛を行っていればそれは医師法に触れないように出力を低く抑えたものを使っているのです。出力が弱いと永久脱毛ができるほどの威力はありませんが、毛根にダメージを与えることは可能なのである程度毛が生えるのを抑える効果が期待されます。

家庭用のレーザー脱毛器もこの例に漏れず医師法に触れない範囲で出力を抑えたものになっていますので家庭で永久脱毛とまではいきません。

脱毛エステやサロンが積極的に導入している脱毛方式とは?

今、エステやサロンで主流の脱毛方式は光脱毛やフラッシュ脱毛と言われるタイプのものです。これはレーザーではなく、特殊な光を当てて毛根にダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。技術の進歩でレーザーに変わるものとして導入されてきました。ピンポイントで照射するレーザーと違い、一度に広い範囲を処理できるため使い勝手も良く、レーザーのような痛みも少なく医師免許も不要なため今では広く普及しています。

医療レーザーほどの力はありませんが、繰り返し処置することで毛根の働きを抑えて毛を生えにくくします。脱毛エステやサロンが何度も通う必要があるのはこのためです。

それは自分ではできないの?

この光脱毛・フラッシュ脱毛方式の最大の利点は

処置が簡単

という点です。これは重要なポイントです。
レーザーのように規制が厳しくなく、比較的手軽に扱えるこの方式は個人が使うのにとても適していて家庭用脱毛器として以前から販売されていました。しかし、初期のものは高価な業務用のものにはどうしても劣っており安くはない値段もあって手を出すことをためらうものでした。

その後、メーカーも改良に改良を重ね技術も進歩し、現在販売されているものは業務用に優るとも劣らないものとなっています。

値段は決して安いと言えるものではないのですがエステやクリニックに通うのに掛かる費用や時間を考えると費用対効果は抜群で、何より時間が空いている時に好きなだけ誰にも知られずに処置できることが受け、大ヒット商品となりました。

最後はやるかやらないか。

以前はムダ毛の悩みを解消するためには敷居の高い脱毛サロンや美容クリニックに行くしかなかったわけですが、今ではこのように優良な家庭用脱毛器の登場で誰でも手軽に自分で脱毛処理をできるようになりました。

これから先、毎日ムダ毛のお手入れに無駄な時間を割き続けるのか、それとも今すぐに家庭用脱毛器に挑戦して悩まない未来を手に入れるのか、それはあなた次第なのかもしれません。

この記事でご紹介した家庭用脱毛器

いずれも公式サイトへの外部リンクとなります。購入者の口コミや機能、仕組み等詳しく書かれていますので興味を持たれた方は一度ご覧になって見るのもよいでしょう。